«

»

6月 02

第1回ソフトマター工学分科会講演会・会員総会を開催いたします

主催

材料・界面部会ソフトマター工学分科会

協賛

化学工学会材料・界面部会,東洋大学,分離プロセス部会,分離技術会,日本吸着学会,日本MRS学会,イオン交換学会,高分子学会

ご案内

 公益社団法人 化学工学会材料・界面部会内に「ソフトマター工学分科会」を平成28年3月1日設立しました。本会は,同部会内にあった「高分子・ゲルテクノロジー分科会」と「自己組織化分科会」を発展的に統合し,高分子・ゲル・コロイド・分散系などのソフトマテリアル全般の機能発現や制御およびその製造プロセスを対象として,微細構造,界面活性剤,コロイド分散系,秩序化,核生成,構造・相分離制御,成形加工,レオロジー,刺激応答などを化学工学的に理解し,ハンドリングする技術を構築していくことを目指しています。そこで,第1回の会員総会とともに本会が対象とする事象やそれらの応用にフォーカスした講演会を企画し,会員間の学術および人的交流を深めていきたいと考えています。ご興味を持って頂ける方々のご参加を心よりお待ちしています。また,本分科会の趣旨にご賛同頂ける方々の入会も併せてお待ちしています。

日時 2016年7月22日(金)10:30〜17:10(交流会17:30〜19:30)
場所 東洋大学白山キャンパス2号館16階スカイホール
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
交通 都営地下鉄三田線白山駅「正門・南門」A3出口より徒歩5分「西門」A1出口より徒歩5分,
東京メトロ南北線本駒込駅「正門・南門」1番出口より徒歩5分,
都営地下鉄三田線「千石」駅A1出口から「正門・西門」徒歩7分

プログラム

受付    10:00~10:30

主催者挨拶 10:30~10:40

講演    10:45~17:10

1.「サーファクタントフリーエマルション~エマルションの本当の姿に迫る~」        (10:45〜11:45)

信州大学工学部物質化学科 准教授 酒井俊郎 氏

**********    昼食    **********

2. 「バイオミネラリゼーションに学ぶ次世代有機/無機融合材料の開発」         (13:00〜14:00)

金沢大学大学院自然科学研究科 准教授 西村達也 氏

東京大学大学院工学系研究科 教授 加藤隆史 氏

**********    休憩    **********

会員総会                                                 (14:15〜14:35)

(会員研究紹介)

3. 「単分散液滴内晶析挙動から核生成を考える」                         (14:40〜15:20)

岡山大学大学院自然科学研究科 教授 小野 努 氏

**********    休憩    **********

4. 「ハイドロゲル膜を活用した持続可能な農業」                          (15:35〜16:35)

メビオール株式会社 代表取締役社長 森 有一 氏

5. 「(最新の計測機器の紹介)」 東陽テクニカ(株)                        (16:40〜17:10)

交流会  講演会場にて開催  (17:30〜19:30)

申込締切

 7月14日(木) ただし,定員(100名)に達し次第締切とさせて頂きます。

参加費

 分科会個人会員・法人会員(協賛団体含む) 3,000円,会員外 6,000円(学生の場合3,000円),なお,法人会員の方は3名まで会員価格で参加できます(4人目以降は個人会員でなければ会員外となります)。また, 参加費には昼食代等の飲食費は含まれておりません。交流会にご参加の方は,会員種別に関わらず別途2,000円が必要となります。

参加申込み(支払い方法もこちらに明記)は※受付終了

申込先・問合せ先

〒700-8530
岡山市北区津島中3-1-1
岡山大学大学院自然科学研究科応用化学専攻内 
化学工学会材料・界面部会ソフトマター工学分科会事務局

TEL/FAX: 086-251-8083
E-mail: softmatter.eng2016@gmail.com
Web: http://softmatter-eng.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>