«

»

9月 01

化学工学会 第48回秋季大会において、材料・界面部会シンポジウム(ソフトマターの設計・製造・機能発現 ・評価)を開催いたします。

シンポジウム名

【材料・界面部会シンポジウム】
(5) ソフトマターの設計・製造・機能発現 ・評価

日時

平成28年9月7日(水)、9月8日(木)(化学工学会 第48回秋季大会 第2日~3日)

場所

徳島大学 常三島キャンパス 教養教育4号館3階4-301号室(P会場)

ご案内

本シンポジウムは,3月に創設した「ソフトマター工学分科会」が主催する最初のシンポジウムです。
高分子・分散系・ゲル・コロイド・生体分子などのソフトマテリアルの設計から機能発現や評価に至るまで,最新の研究成果発表を基にして,化学工学的アプローチでいかに扱うかを学び,議論する場といたします。
展望講演として,9月8日(木)13:00より,大阪大学大学院基礎工学研究科の金鋼先生をお招きし、「ガラス物性の計算科学:微視的原理に基づく流動特性の網羅的解明」と題した講演を行っていただきます。
一般発表者の講演は,講演12分・質疑8分で行い,2日間で21件の発表が予定されております。奮ってご参加ください。
また,9月8日(木)12時~13時に同じ会場にて幹事会を開催いたします。

オーガナイザー

小野 努(岡山大学)・ 山本 徹也(名古屋大学)・ 小川 光輝(富士シリシア化学(株))

プログラム

講演題目 講演者
9/7(水)P会場・ 第2日
鉄イオンによるin situ架橋が可能なスターブロックコポリマーゲルの開発 (東大院工) ○(学)中川 慶之・ (東大院医) (正)太田 誠一・ (東大院医/東大院工) (正)伊藤 大知
疎水性ポリシロキサンゲルの性状のペンダント基への依存性 (福島高専) ○(正)山内 紀子・ 齊藤 玲子・ 石川 裕太・ (正)車田 研一
クライオQCM-Aを用いるソフトマテリアルの相変化の観測 (東洋大自然) ○(正)清田 佳美・ (富士シリシア化学) (正)小川 光輝
PNIPA-DMAPAAゲルスラリーのLCSTとCO2吸・脱着挙動の相関 (明治大理工) 天野 裕斗・ (東洋大自) ○(正)清田 佳美・ (明治大理工) (正)古谷 英二
9/8(木)P会場・ 第3日
高速度観察によるアルギン酸カルシウムゲルのゲル化分相時間の測定法 (福島高専) ○(正)佐藤 潤・ (正)車田 研一
感温性ゲル微粒子中に合成した磁性ナノ粒子の磁場誘導発熱特性 (広大院工) ○(正)後藤 健彦・ (学·技基)三木 聡司・ (正)飯澤 孝司・ (正)中井 智司
多官能性有機分子を用いた架橋導電性高分子の作製と形状加工法の確立 (東理大院) ○(学)牧野 功幸・ (東理大工) (正)嶋田 友一郎・ (東理大) (正)納谷 昌和・ (正)庄野 厚・ (正)大竹 勝人
フッ素系ポリマー/フッ素系オリゴマー相互侵入型ネットワークポリマーの開発 (広大工) ○(正)木原 伸一・ 高坂 愛佳・ 田中 位昌・ (金沢大理工) (正)春木 将司・ (広大工) (正)滝嶌 繁樹・ (ダイキン工業) 野口 剛
不純物フリーの高分子コロイド調製法 (名大院工) ○(正)山本 徹也・ (学·技基)川口 勘・ (学·技基)高橋 侑椰
UV硬化過程における重合反応速度定数の決定法に関する課題 (金沢大) ○(正)瀧 健太郎・ 林 亮太
マイクロ湿式紡糸法によるナノ繊維調製を可能にする迅速な相転移挙動 (岡山大院自) ○(正)小野 努・ (正)渡邉 貴一
オングストロームサイズの空隙を有するポリシロキサン固体微細構造を保持するための縮重合条件 (福島高専) ○(正)車田 研一・ (学)梅本 翔・ 山川 貴礼
[展望講演] ガラス物性の計算科学:微視的原理に基づく流動特性の網羅的解明 (阪大院基工) (正)金 鋼
シリカゲルの磁場中調製による複屈折性の発現 (徳島大理工) ○(正)森 篤史・ (首都大環境) 山登 正文・ (東北大金研) 高橋 弘紀
液液界面を利用した無電解めっき反応による金属薄膜調製 (岡山大院自) ○(学·技基)與羽瀬 佑・ (学)恒吉 俊彦・ (正)渡邉 貴一・ (正)小野 努
顕著に運動する粒状体群の特徴づけへの「仮現運動(apparent motion)」の試行的応用 (福島高専) ○(正)車田 研一・ (学)梅本 翔・ 大槻 正伸
イオン液体コーティングによる固体材料表面の濡れ性制御 (岡山大院自) ○(学·技基)林 美穂・ (正)渡邉 貴一・ (正)小野 努
運動性微粒子の集団運動 (同志社大理工) ○(正)山本 大吾・ 高田 剛・ 井尾 祐斗・ (正)塩井 章久・ (同志社大生命医) 吉川 研一
メニスカス形状変化が誘起するコロイド粒子周期状堆積膜の形成 (京大院工) ○(正)渡邉 哲・ (学)清水 皓平・ (正)宮原 稔
脂肪酸塩の塩添加によるミセル構造変化に伴うレオロジー特性 (シャボン玉石けん) ○(正)坂下 瑞葉・ (正)川原 貴佳・ (北九大院工) (学)金澤 諭史・ (正)秋葉 勇
リポソーム膜疎水場の階層的な特性解析 (阪大院基工) ○(正)菅 恵嗣・ (学)Bui Tham T・ (正)岡本 行広・ (正)馬越 大
縦方向揺らぎと横方向揺らぎに基づく脂質膜界面の動的構造の評価 (岡山大院環生) ○(正)島内 寿徳・ (学)岩村 美樹・ (正)木村 幸敬

各発表時間等プログラムの詳細は、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>